業者にお願いする

ビジネスで使う名刺なので、費用を抑えることよりも安心して使えることを大切にしたい方も多いかと思います。それなら、やはり業者にお願いするのが良いでしょう。イメージなどがあれば、そういったことも相談して作成してください。もちろん、氏名、会社名、電話番号、メールアドレス、部署や役職などは忘れずに記載。シンプルにまとめたいなら、白地に黒い文字で記載するのも良いでしょう。デザインもこだわって作成することができます。

名紙また、受け取った相手の中に強く印象を残したい場合は、顔写真などを入れて作成するのも良いですし、似顔絵を入れて作るのもお勧めです。写真はちょっと恥ずかしいとおっしゃるなら、是非似顔絵を検討してみてください。また、名刺に用いる用紙は、紙の他アクリルや木、和紙、ガラスなど様々な材質もありますので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか?

このように、名刺と言っても用紙のタイプやデザイン、文字、色などによっても雰囲気は全く異なってきます。どのような職業であるのか、それによってもお勧めしたいものが違いますので、比較しながらイメージして発注してみてください。是非、お洒落ですっきりとした良い名刺を作成してください。

 

 

名刺印刷に色と個性を添える

名刺は大切な自分の名前をしめすものですが、その名刺も多くは白ベースの名前と役職、会社名等が記載してるだけの物です。そのシンプルなものはその費用のコストも安く、多くが数日での名刺印刷です。その名刺に色を添えて印刷するとそのイメージも異なるのです。

その職業や職種にもよるのですが、たとえば白の名刺のベース色が、グレーとします。それはおしゃれな特殊のグレー色であった場合には、そのモダンな印象でその名刺を持った人のイメージも違ってきます。その費用や時間は、通常名刺印刷よりも高い価格ですが、その印象効果は抜群に異なるのです。

またその字体も個性的な文字を利用します。そこに日本語以外のアルファベット文字が備わるだけでも国際的な印象の企業のイメージも感じます。どれもその特殊の通常名刺とは異なる印刷方法で、多くの人々が好感の印象を抱きます。

そして良く覚えてもらえる事のメリットもあるのです。工夫する事で、名刺の好感度や名前の知名度も違うのです。

 

名刺印刷の様々なテクニック

ビジネスシーンにおいて自分のことを知ってもらう為に使うカードのことです。当然、多くの相手に手渡すことになるため、その分大量の名刺が必要になってきます。通常、名刺を入手する為には印刷業者に依頼することになるが、この依頼の方法でも様々なテクニックが存在します。

例えば、あまりお金がないがどうしても名刺が必要、という場合。裏側に広告等が印刷冴えた商品を使用することで、印刷のコストを下げてもらえる、というサービスが行われています。また、通常とは違う特殊な紙に印刷することで見た目にインパクトのある効果を狙ったり、まるで飛び出す絵本のような名刺にすることも可能です。

とはいえ、あまりに突飛すぎる演出を名刺に施すのは、逆にふざけていると取られかねないことも留意して、遊び心と真剣さのバランスをはかった名刺を印刷することが大切である、ということができるだろう。そうして作った名刺は。あなたのビジネスシーンに強力な武器となってくれるに違いありません。

自分で作りたい

パソコンで名詞を作成するサラリーマンのイラスト名刺は、業者にお願いして作ってもらうこともできますが、自分で作ることもできます。
但し、デザインやコツ、ポイントなどあまり知識がないような方はプロに任せた方が良いかもしれません。
こういったことに自信がある方や、是非自分で作ってみたいという強い願いがある方は、試してみてください。
自分で名刺を作る場合は、プリンターとパソコンが必要です。
また、フリーソフトなどを使って作成すれば、テンプレートも充実していますのでより簡単に作ることができますのでお勧めです。

自分で名刺を作成するメリットは、安く作ることができること。また、自分らしい名刺を作れることが挙げられます。
但し、いくら安くあげたいからといって、あまりにも安っぽい用紙を用いるのはお勧めできません。用紙だけはしっかりとしたものを使い、きちんとカットするようにするのが自分で名刺を素敵に作るポイントです。

また、プライベートではなくビジネスで使用する名刺ですから、必要なことは記載を忘れないように注意しなければなりません。氏名と会社名、電話番号、メールアドレスの他、部署や役職などもきちんと入れるようにしましょう。デザインも重視したいところですが、まずは自分の自己紹介がしっかりできるよう作成したいものです。

 

名前と顔を覚えてもらえる名刺を作成する

名刺は、これから仕事を始める相手に会社や個人の第一印象与える大切なものですシンプルな名刺では印象に残らず他の会社の名刺の中に埋もれてしまいますが、特徴的な名刺を作成すれば相手の印象に残り、会社名や個人名を覚えてもらう事が出来ます。

とくに紙質にこだわった名刺を作成すると相手が手に取ったときの指触りが普段のものと違うと印象に残りやすく、名刺の話題で始めて会った方とも会話が弾みます。サイズや形状にこだわったものも印象に残りやすいですが、余り特異な形状にすると相手が名刺管理をする時に煩わしくなってしまうので、適度な形を選ぶ必要があります。

顔を覚えてもらうために似顔絵をいれるのも良い方法です。自分の特徴的な顔のパーツをデフォルメして強調すると、相手もあの顔の人の名刺だと分かりやすくなります。カラフルなものを作成する場合は、目を刺激してしまうような色は避ける配慮をし、色移りや色落ちしないインクでの印刷を頼むことがポイントです。

 

名刺は自分で印刷しべし

仕事で渡す名刺は自分の顔です。だから、名刺は自分で伝えたいことを最大限盛り込めるように自分で考えて、自分で印刷することがおすすめです。名刺を100枚200枚と配るような場合には、つくるのが面倒くさいので、つい、今までと同じ名刺をそのまま発注することが多いかと思います。

確かに、実際に名刺をもらっても、それをどこまで見てもらっているかというのは分かりません。場合によっては、本人に渡ることもなくまとめて捨てられているものも少なくないでしょう。しかし、逆にそうであるからこそ、人の目に目立つような名刺を作る必要があります。

しかも、単に目立つだけであれば印刷屋に注文すればそれなりのものはできてきますが、そうではなく、自分で考えて、自分が必要とする内容を盛り込むことが重要になります。経費節減の折に名刺代というのも馬鹿になりません。だからこそ、手持ちのパソコンとプリンターを使って、相手の目に留まるような名刺を作ることが重要です。

ビジネス名刺について

名刺交換ビジネスをしている方は、名刺は必要アイテムといって良いでしょう。名刺は、始めて会った時に渡すことが多いですから、自分の印象を左右すると言っても過言ではありません。第一印象でその人のおよそ8割は決定されると言いますから、是非名刺交換の際にはスマートに且つ自分をしっかりとアピールしたいと思います。そして、名刺を受け取った方の頭の中に、しっかりと自分の印象を残すことができるような、そんな名刺にしたいものです。

また名刺は、業者にお願いして作ってもらうこともできますが、自分で作ることもできます。パソコンやプリンターがあれば、作成は可能です。但し、デザインやコツ、ポイントなどあまり知識がないような方はプロに任せた方が良いかもしれません。
名刺を作成してくれる業者は多数あります。中には、安く請け負ってくれるところもありますし、注文を受けたその日、或いは翌日に納品してくれるようなところもありますので、お急ぎの方であっても大丈夫です。

また、名刺を作成する際、「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」という言葉を耳にすることがあるかと思います。オフセット印刷とは、顔料油性インクを使ったもの。たくさん作る場合、安くなるといったメリットもあります。CMYKカラーとDICカラーどちらも可能。但し、納品まで時間がかかる傾向にあります。オンデマンド印刷は、高細密トナーを用いたレーザープリントのことです。スピーディーにできるところも魅力です。ここでは、ビジネス名刺について紹介します。

 

名刺の個性を引き出すと楽しいです。

最近、得意先で頂いた名刺を整理するのにこっています。以前は名前順や月別順などにしていたのですが、名前だとわ行の人が少ないとか月別ならある月だけないとかすごく差がでたので、すぐいっぱいになる欄や全く埋まらない無駄なスペースのある欄があって効率よくないなあと思っていました。

また、個人情報をパソコンのデータとして打ち込んではいるのですが、名前や住所、会社名はわかるものの文字が全て均一化するのでよく似た名前の人や電話番号が似ている場合はすごくややこしいのです。

検索して間違うこともあり、お客様の迷惑をかけてしまうことがあります。そこで、私はせっかく頂いた大切な名刺を色別に分けることにしました。最近では色様々でむしろ白い紙は見かけなくなったほどです。なので色別に分ける方がカラフルで見やすいのです。

例えば、薄い赤色の紙の会社はそこの従業員はすべてその色ですので判別しやすいです。ほかにもグレー、茶色、青色など会社の個性を色で表しているところが増えました。また、白は白でも顔写真付きのもあります。こういうものはアルバムにして見やすくしています。機械的に分類するよりそのお客の個性を引き出すように整理していくといろいろ発見があって楽しいです。

 

印象に残る名刺を作成しよう

名刺は自分を覚えてもらう大事なツールのひとつです。ちいさなスペースの中にどうやって印象に残るような内容をデザインするかがポイントになります。用紙を縦型に使うか、横型に使うかによっても印象が違ってきます。

縦型だと少し固いイメージ、明朝体で決まったフォーマットで右上に会社名、真ん中に名前、左側下に住所という一般的な文字の配置が思い浮かぶでしょう。横型にすると縦型よりもいろいろな文字の配置が考えやすくなります。

どちらかというと、横型の方がイメージとしてやわらかく、少し遊び心のあるデザインがしやすいかもしれません。名刺の作成はお店や会社で頼むことが多いと思いますが、今ではパソコンで自分で作ることも簡単に出来るようになっています。

いろいろな名刺のデザインのフォーマットがありますし、キリトリ線が入って使いやすい名刺用紙もたくさん売られています。気軽に自分の名刺を作成することができれば、人脈がもっと広がるかもしれません。