業者にお願いする

ビジネスで使う名刺なので、費用を抑えることよりも安心して使えることを大切にしたい方も多いかと思います。それなら、やはり業者にお願いするのが良いでしょう。イメージなどがあれば、そういったことも相談して作成してください。もちろん、氏名、会社名、電話番号、メールアドレス、部署や役職などは忘れずに記載。シンプルにまとめたいなら、白地に黒い文字で記載するのも良いでしょう。デザインもこだわって作成することができます。

名紙また、受け取った相手の中に強く印象を残したい場合は、顔写真などを入れて作成するのも良いですし、似顔絵を入れて作るのもお勧めです。写真はちょっと恥ずかしいとおっしゃるなら、是非似顔絵を検討してみてください。また、名刺に用いる用紙は、紙の他アクリルや木、和紙、ガラスなど様々な材質もありますので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか?

このように、名刺と言っても用紙のタイプやデザイン、文字、色などによっても雰囲気は全く異なってきます。どのような職業であるのか、それによってもお勧めしたいものが違いますので、比較しながらイメージして発注してみてください。是非、お洒落ですっきりとした良い名刺を作成してください。

 

 

名刺印刷に色と個性を添える

名刺は大切な自分の名前をしめすものですが、その名刺も多くは白ベースの名前と役職、会社名等が記載してるだけの物です。そのシンプルなものはその費用のコストも安く、多くが数日での名刺印刷です。その名刺に色を添えて印刷するとそのイメージも異なるのです。

その職業や職種にもよるのですが、たとえば白の名刺のベース色が、グレーとします。それはおしゃれな特殊のグレー色であった場合には、そのモダンな印象でその名刺を持った人のイメージも違ってきます。その費用や時間は、通常名刺印刷よりも高い価格ですが、その印象効果は抜群に異なるのです。

またその字体も個性的な文字を利用します。そこに日本語以外のアルファベット文字が備わるだけでも国際的な印象の企業のイメージも感じます。どれもその特殊の通常名刺とは異なる印刷方法で、多くの人々が好感の印象を抱きます。

そして良く覚えてもらえる事のメリットもあるのです。工夫する事で、名刺の好感度や名前の知名度も違うのです。

 

名刺印刷の様々なテクニック

ビジネスシーンにおいて自分のことを知ってもらう為に使うカードのことです。当然、多くの相手に手渡すことになるため、その分大量の名刺が必要になってきます。通常、名刺を入手する為には印刷業者に依頼することになるが、この依頼の方法でも様々なテクニックが存在します。

例えば、あまりお金がないがどうしても名刺が必要、という場合。裏側に広告等が印刷冴えた商品を使用することで、印刷のコストを下げてもらえる、というサービスが行われています。また、通常とは違う特殊な紙に印刷することで見た目にインパクトのある効果を狙ったり、まるで飛び出す絵本のような名刺にすることも可能です。

とはいえ、あまりに突飛すぎる演出を名刺に施すのは、逆にふざけていると取られかねないことも留意して、遊び心と真剣さのバランスをはかった名刺を印刷することが大切である、ということができるだろう。そうして作った名刺は。あなたのビジネスシーンに強力な武器となってくれるに違いありません。

Pocket