自分で作りたい

パソコンで名詞を作成するサラリーマンのイラスト名刺は、業者にお願いして作ってもらうこともできますが、自分で作ることもできます。
但し、デザインやコツ、ポイントなどあまり知識がないような方はプロに任せた方が良いかもしれません。
こういったことに自信がある方や、是非自分で作ってみたいという強い願いがある方は、試してみてください。
自分で名刺を作る場合は、プリンターとパソコンが必要です。
また、フリーソフトなどを使って作成すれば、テンプレートも充実していますのでより簡単に作ることができますのでお勧めです。

自分で名刺を作成するメリットは、安く作ることができること。また、自分らしい名刺を作れることが挙げられます。
但し、いくら安くあげたいからといって、あまりにも安っぽい用紙を用いるのはお勧めできません。用紙だけはしっかりとしたものを使い、きちんとカットするようにするのが自分で名刺を素敵に作るポイントです。

また、プライベートではなくビジネスで使用する名刺ですから、必要なことは記載を忘れないように注意しなければなりません。氏名と会社名、電話番号、メールアドレスの他、部署や役職などもきちんと入れるようにしましょう。デザインも重視したいところですが、まずは自分の自己紹介がしっかりできるよう作成したいものです。

 

名前と顔を覚えてもらえる名刺を作成する

名刺は、これから仕事を始める相手に会社や個人の第一印象与える大切なものですシンプルな名刺では印象に残らず他の会社の名刺の中に埋もれてしまいますが、特徴的な名刺を作成すれば相手の印象に残り、会社名や個人名を覚えてもらう事が出来ます。

とくに紙質にこだわった名刺を作成すると相手が手に取ったときの指触りが普段のものと違うと印象に残りやすく、名刺の話題で始めて会った方とも会話が弾みます。サイズや形状にこだわったものも印象に残りやすいですが、余り特異な形状にすると相手が名刺管理をする時に煩わしくなってしまうので、適度な形を選ぶ必要があります。

顔を覚えてもらうために似顔絵をいれるのも良い方法です。自分の特徴的な顔のパーツをデフォルメして強調すると、相手もあの顔の人の名刺だと分かりやすくなります。カラフルなものを作成する場合は、目を刺激してしまうような色は避ける配慮をし、色移りや色落ちしないインクでの印刷を頼むことがポイントです。

 

名刺は自分で印刷しべし

仕事で渡す名刺は自分の顔です。だから、名刺は自分で伝えたいことを最大限盛り込めるように自分で考えて、自分で印刷することがおすすめです。名刺を100枚200枚と配るような場合には、つくるのが面倒くさいので、つい、今までと同じ名刺をそのまま発注することが多いかと思います。

確かに、実際に名刺をもらっても、それをどこまで見てもらっているかというのは分かりません。場合によっては、本人に渡ることもなくまとめて捨てられているものも少なくないでしょう。しかし、逆にそうであるからこそ、人の目に目立つような名刺を作る必要があります。

しかも、単に目立つだけであれば印刷屋に注文すればそれなりのものはできてきますが、そうではなく、自分で考えて、自分が必要とする内容を盛り込むことが重要になります。経費節減の折に名刺代というのも馬鹿になりません。だからこそ、手持ちのパソコンとプリンターを使って、相手の目に留まるような名刺を作ることが重要です。

Pocket